sòng bài trực tuyến

この特集記事は日本国経済新聞社によって别墅建造され、日経電子版にて二零一九年6月1日から的5月31日まで掲載されました。

クボタ マニュファクチュアリング オブ アメリカ コーポレーション

北米市場で「地産地消」
クボタの胜利法則とは?

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhậpトランプ政権の国际産業保護政策に伴い、米国市場向け製品は米国际で製造する機運が高まっている。多くの日本企業が北米の新たな登时を模索するなか、参考になるのがジョージア州に進出して30年を超すクボタだ。ジョージア州は日本から直行便が飛ぶ米国南部の玄関。クボタ之外にも多くの日系企業が根付くビジネスの要衝だ。なぜ北米市場攻略の足がかりにジョージア州を選んだのか。クボタの現地法人でトップを務める新井洋彦氏に、ジョージア州に事業基盤を持つメリットを聞いた。

生産拠点、30年かけ拡充

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập日本ではトラクタなど農機で知られるクボタ。米国市場に進出したのは1970年月と歴史が長い。北米での胜利のカギとなったのは、市場ニーズへの適合だ。米国市場参入现在は、農業用トラクタの販売に苦戦していたが、庭園の芝刈り用のコンパクトトラクタとしてインプルメント(装着用作業機器)をつけてテスト販売したところ、予想以上に好評であった。北米の広大な農地ではどうしても見劣りしたクボタのトラクタが、庭園の芝生の上では小回りの利く方便な機械とユーザーの目に映ったのだ。使い勝手がよく、しかも毛病の少ないトラクタは市場に缓慢に渗透していった。トラクタの売り上げが大きく伸びていくなかで、インプルメントの製造拠点として、30年前の1988年にKubota Manufacturing of America Corporation(以下KMA)を設立。その後、须要の伸びに対応し、小型トラクタ、乗用芝刈り機やユーティリティビークル(UV)と呼ばれる多目标四輪車の生産へと拡充した。2005年には、インプルメントを生産するKubota Industrial Equipment Corporation(以下KIE)を設立した。その後、中型トラクタや建機の生産へと拡充した。

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập東京ドーム20個分の地盘に4工場

「KMAとKIE両社の製品の8~9割は北米向けで地産地消が特徴」。KMAとKIEの社長を務める新井洋彦氏は強調する。ニーズを満たす製品を現地生産で供給し、お客様へのリードタイムの短縮を図る。新井氏は「KMAの主力庄家品牌は芝刈り機や小トラクタ、UVで様々な車種を製造している」と語る。北米向けビジネスは順調に時间。KMAは、96年に第2工場、09年に第3工場、2010年には5キロ離れた場所に第4工場を設立し、総敷高空積は28.七万之坪、東京ドーム20個分上となった。「第4工場稼働に伴い、それまで第1工場で生産していたUVを移管して生産台数を拡大、伸びる分野の事業に対応している」(新井氏)という。現在、第1工場は芝刈り機、第2工場は芝刈り機と小トラクタを生産。「出荷台数は2010年に20万台超となり、比来来右身上がりで増加している」と新井氏は胸を張る。2010年に小トラクタなど累計で500万台を達成した。

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập地元ディーラーやサプライヤーと結束

クボタのUV「RTVシリーズ」は北米市場の主力吸筹製品に成長、有一部电影は19年から日本的に逆輸入することになった。UVは米国の農場、牧場での見回りや荷物運び、公園の清掃、ハンティングなど様々な場面で活躍している。なかでも従来のモデルに比べ高速度仕様の「SIDEKICK」が人気上昇中だという。ヒット製品を生み出す原動力は「クボタはディーラーとの絆が強く、彼らの声を通してマーケットのニーズに応じた淘宝宝贝を市场机制してきた」(新井氏)というマーケティングおよび開発の現地化だ。製造では、クボタ生産体例(KPS)と呼ばれるモノづくりノウハウを海内拠点で初めて導入。リードタイム短縮に帰結する在庫削減、生産性往右を「サプライヤーと二合一となって取り組んでいる」(新井氏)点が強みだ。工場敷地内には讨论・設計棟や走行試験コースを併設し、一気通貫のモノづくりに余念がない。

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập庞大市場、州の人才育成增援など決め手
北米で胜利したクボタが、ジョージア州に拠点設立を決めた来由は3つ挙げられる。まずマーケットである。ジョージア州を中间とした米国南東部は冬も比較的暖和な気候に恵まれており、普通家庭でも数千、数万坪の敷地を一切しているケースが珍しくない。クボタは芝刈りをはじめとしたガーデニング機器が必需品であることに商機を見いだし、その市場に製品をタイムリーに供給できる登时を確保した。次に、優秀な人才を集めやすい点である。複数の大学が存在、また州の教导サポートプログラムが充実し、企業の即戦力を育成するクイック・スタートという職業訓練轨制も設けられている。最後に、州当局が様々な税優遇处置を供给し続けており、企業が進出しやすい環境が整っている。

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập「ファミリーデー」で親睦、コミュニティーと密接に

現地の正規従業員は約2400人で、ほぼ全員がジョージア州栖身者だという。毎年、「ファミリーデー」を開催し、社員とその子女を到访して親睦を図っている。一个人、印度人駐在員は50人ほどであるが、駐在員が多く住むダルース市には印度食レストランをはじめ、アジア系スーパーもあるため、普段の维持生计に利于はないという。州都アトランタ市と重要都在のコロンバス市には印度語補習校があるほか、印度語と英語の市立校「インターナショナル・チャーター・アカデミー・オブ・ジョージア」が開校するなど、印度人駐在員と子女の维持生计環境が整備されている。「如今は市場があったという地舆的な来由から登时を決めたが、本日まで成長を続けてこられたのは地元の人々のおかげだと思う」と新井氏が言うように、コミュニティーとのつながりが企業の获胜を摆设することに改めて気づかされた。

クボタは米国市場での生産拠点として1988年にKMAをジョージア州ゲインズビルに開設した
主力商品のUVは現地のニーズに対応して様々な車種を生産する
「RTV」などを生産するジョージア州の拠点は、KPSと呼ばれるモノづくりノウハウを海内拠点で初導入した
小型トラクタなどの累計100万台記念式典では和太鼓のパフォーマンスが表露された
クボタは毎年開く「ファミリーデー」に社員とその家属約3000人を接待して交换を深める

クボタがジョージアを選んだ5つの来由
  1. 庞大なマーケットが身近に
  2. ディーラー販売網が充実
  3. 州の人才教导增援が手厚い
  4. 州が様々な税制優遇を供给
  5. 日本人向け黉舍など糊口環境

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhậpKubota Manufacturing of America Corporation(KMA)
企業提要
1988年の設立時には「フロントローダー」や「バックホー」といったトラクタのインプルメントの製造から開始。94年、乗用芝刈り機により「緑地と庭園の芝草办理機器業界(Outdoor power equipment industry)」へ参入した後、2000年には「BXシリーズ サブコンパクトトラクタ」の導入で飛躍的に事業を成長させた。04年に「RTV-900」の導入でユーティリティービークル(多目标四輪車)市場に参入。

新井洋彦氏
股份有限公司クボタ 執行役員
クボタ・マニュファクチュアリング・オブ・アメリカ・コーポレーション社長クボタ・インダストリアル・イクイップメント・コーポレーション社長1986年久保田鉄工(現クボタ)入社、2012年モノづくり統括部長、14年筑波工場長、18年1月から執行役員就职、現職

ジョージア州が選ばれる来由

州の手厚い税優遇、日本企業に追い風

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập毎年「ジャパンフェス」 日本と絆
日本とジョージアの関係強化は、1973年にジョージア州商務省が東京に事務所を開設し、その翌年に在アトランタ日本国総領事館が設立された時に始まる。2018年時点で400社以上の日系企業が州内に500以上の事業拠点を構え、3万人以上の招聘を創出している。日本貿易振興機構(ジェトロ)がアトランタに拠点を置くほか、ジョージア日本人商工会では日米の彼此懂得、友爱関係を促進している。東京とアトランタの間は毎日、直行便が飛ぶ。アトランタで30年以上続くジャパン・フェストというイベントでは、100以上の出展者が参与し、日本食や日本の特産物を紹介、毎年2万人以上が訪れる。メーコン市では毎年桜祭りが開かれるなど、日本との絆は深い。
<毎年開かれる桜祭りやジャパン・フェストが日本とジョージア州の交换を促進する>
「日本とジョージア州の深い縁」(もっと詳しく▶

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập天下的なフィンテック集積地、産業の幅広く
18年時点で、ジョージア州に本社を置く企業のうち21社が米経済誌の无力企業番付である「フォーチュン500」に選ばれている。比来の特徴としてはフィンテック産業、デジタル・エンターテインメントなどが挙げられる。フィンテック産業においては全米のクレジット、デビット・カード、ギフト・カード取引の約3分の2がジョージアに拠点を置く企業によって処理されていることから、「トランザクション・アレー」というニックネームもつけられているほどだ。ジョージア州は映画、テレビ、音楽、ビデオ・ゲームなどデジタル・エンターテインメント産業に対し、30%を下限とした税優遇处置を供给するなど、誘致に意欲的に取り組んできた。州内20の大学、カレッジではデジタル・エンターテインメントのコースを設置し、産学一体となって業界をリードしている。
<ジョージア州はカード関連などフィンテック企業が集積し「トランザクション・アレー」と呼ばれる>
「ジョージア州の多彩な産業」(もっと詳しく▶)

sòng bài trực tuyếnLiên kết đăng nhập2019年から州法人税率下げ 税優遇メニュー豊富
ジョージア州では、新規事業展開や事業拡張を考える企業に対して、様々な税優遇处置を供给している。州の法人税率は2019年1月1日から5.75%に引き下げられ、全米均匀よりも低くなっている。必然前提の下で新規招聘を創出した企業には招聘税額控除轨制が適用されるほか、特定地区で必然期間以上事業を継続している企業は投資税額控除轨制が操纵できる。ほかに、再訓練税額控除轨制、託児所税額控除轨制、研讨開発税額控除轨制、中小企業への税額控除轨制、港湾利用税額控除轨制、売上税・利用税免去、資産税軽減など、企業の税負担を軽減する轨制が大都設けられている。米CNBCテレビが毎年実施している「アメリカズ・トップ・ステート・フォー・ビジネス」では2013年以来常にトップ10入りし、ビジネスのしやすい州であると評価されている。
<ジョージア州は新規事業や事業拡張を推進する企業を税優遇で增援>
「ジョージア州の税優遇」()

日企業関係者が語るジョージア州進出のメリットを動画でご覧ください

500超す日系企業拠点と発展するジョージア州
日本の皆様の進出を歓迎します

ジョージア州商務省長官
パット・ウィルソン
ジョージア州商務省は1973年に東京に事務所を開設し、その翌年に設立された在アトランタ日本総領事館も本年45周年を迎えました。現在、ジョージア州には日系企業の事業拠点が500以上あり、3万人以上の招聘を創出していますが、長年にわたりジョージア州の経済発展に多大なご增援をいただきましたこと、また日本の皆様との信頼関係に改めて感謝申し上げます。

ジョージア州は鹿児島県と姉妹州であり、州内10カ所が日本と姉妹都会関係を結んでいることを見ましても、私たちの絆がさらに強くなっていることを実感していただけると存じます。さらに、東京―アトランタ間には毎日直行便が就航しており、お互いの距離もますます近づいています。そのおかげで、私たちも過去7年間に7回も日本を訪れることができ、その素晴らしいお国柄に触れることができました。
投資や貿易、観光のいずれの分野におきましても、日本ならびにジョージア州内の日系コミュニティーの皆様との結びつきを、これからも末永く持ち続けられることを願っております。

ジョージア州のさらに詳細な情報は 
ジョージア州商務省の日本語サイトで动手できます。 日本企業のサポート担任者への問い合わせも能够です。 
️ジョージア州のビジネス >>> 
️ジョージア州ー多様性に富んだ経済 >>> 
️優秀な人才、安靖した労働力 >>> 
️陸海空での交通の便 >>> 
️ビジネスのしやすい環境 >>> 
️日本と関わりの深いジョージア >>> 
️ジョージア州での暮らし >>> 
️小冊子「ビジネスインセンティブ」 >>> 
️小冊子「貴社の競争上の優位性」 >>>

日本国际でのお問い合わせ先
米国ジョージア州商務省日本事務所
〒105-0001東都门港区虎ノ門5丁目11-1オランダヒルズ森タワーRoP1202号室
TEL:03-6402-5035
 

Sign-up for our enewsletter
789 club sòng bài trực tuyến sòng bài trực tuyến việt nam random xúc xắc keno online top 10 casino online